NO IMAGE

栽培の前に知っておきたい事 ~野菜の種 性質一覧表~ 

種まきに失敗しない為には、⑴発芽適温 ⑵生育適温 ⑶光反応性 ⑷連作年限 は押さえておく必要があります。特に、時期を外した種まき、連作障害に在る土壌での栽培では種が発芽する事自体が困難となります。まずは、この4点を抑えて種まきに備えましょう。

栽培する前に知っておきたい事~土づくりと肥料~

栽培には土づくりと言う作業があります。土壌中には空気は勿論、微生物が存在しなければならず、そうした環境を整える為に堆肥や培養土など調整された土を使用します。肥料の過不足は植物の生育に影響しますし、連作障害も知っておくことが、栽培成功への近道になります。

栽培をする前に知っておきたいこと~野菜の種~

野菜の種に限りませんが、種まきをするためには、光、水、温度の条件が重要になります。また、種によっては光を不要とするものもありますので、種をまけば必ず芽が出るわけでもありません。失敗しない種まきのために、どのように行うのがよいのか一度確認しておきましょう。

家庭菜園~ベランダ栽培の落とし穴~ 強すぎる光は逆効果?光阻害とは

室内栽培から室外に出し日光を当てた所成長が良くなりましたが、一方で気になる事もあり光合成について調べました。そこで知ったのが光阻害で、強すぎる光が反って植物に害をなし光合成量が低下してしまうと言う事でした。その事を記事にまとめています。

育苗の重要性 ~老化苗になっていませんか?

「苗半作」は、苗を丈夫に育て終えればその作物はもう作り終わったようなものと言う意味で、育苗期の栽培がいかに重要なものかを表します。育苗中の生育不良に気付かないと『老化苗」になりその後に影響を及ぼします。良い苗づくりをする為の手順をもう一度確認します。

水耕栽培 失敗例 徒長したリーフ・サニーレタス 救済栽培

レタスはキク科のアキノノゲシ属に属する長日・半陰性植物です。一般に半日蔭で育つと言われていますが東側の窓辺では徒長してしまう事も多く、適切な環境を整えてあげなければうまく成長する事は出来ません。光阻害による光合成量の低下にふれつつ栽培を見直しています。

連作障害とは?対策は?連作してもいい野菜との違いは何?

連作障害の原因は特定の作物を連続して栽培する事により引き起こされる土壌環境の悪化ですが、最も疑問に思ったのは連作しても良い野菜と、してはならない作物の決定的な違いが何かと言う事でした。原因を追求して分かった事がありましたので記事にまとめています。

初めての家庭菜園~露地栽培・プランター栽培・水耕栽培の特徴~

家庭菜園の形態について説明しています。プランター栽培のメリット・デメリット・水耕栽培のメリット・デメリットや、必要な物を予め知って、スムーズに始められる事が成功への秘訣になると思います。自分のライフスタイルに合った家庭菜園を楽しんで頂ければと思います。