家庭菜園一覧

水耕栽培と日照度~植物育成ライトの要否・お勧めライトは?~

土耕栽培にしろ水耕栽培にしろ、植物栽培では日当たりは最重要項目です。野菜にとって必要な光を日照度・光補償点・光飽和点の観点から捉えると、現在の住まいでの栽培が可能かどうかが分かります。又、植物育成ライトの要否についても自身の失敗をご紹介しつつ、お勧めまで記事にまとめました。

初めての水耕栽培 おすすめの液肥と使い方 容器はどれがいい?

水耕栽培の液肥は、以前は2液の物が主流でしたが現在は1液に改良されて手間が省けるようになりました。また、液肥によっては専用の容器を使用するのが好ましい物がある一方で、容器を選ばない商品もあります。お勧めの液肥や容器、また自作容器の作り方についてご紹介しています。

【家庭菜園】秋の種まき失敗知らず ~ミズナの栽培記録~

ミズナ栽培は春巻きと秋播きができますが、より大株に育てるのであれば秋にまくのがお勧めです。低温に強い水菜は9月に種を撒いて80日くらい栽培継続すると大株採りができます。土耕栽培ではかなり大きな株になりますが、室内での水耕栽培でも十分よく育ちますので、栽培初心者さんにお勧めしたい野菜です。

【家庭菜園】秋の種まき失敗知らず ~サニーレタスが発色しない?~

サニーレタスの赤紫色は、栽培条件が整わないと綺麗に発色しません。これはアントシアニンという色素が光合成によって合成される色素だからです。日当たりの悪い場所では色がつかないので、コツを覚えて赤い綺麗なフリルの美しいサニーレタスを栽培しましょう。

【水耕栽培】秋の種まき失敗知らず~栽培初心者は小カブから~

秋播き野菜のおすすめとしてご紹介したい一つが、カブになります。記事の株は直径5~12㎝くらいの小~中カブになりますが、手間がかからず勝手に丸くなるので楽しく栽培することができますのでお勧めです。また、冷涼な気候を好みますので長く栽培を楽しめます。

【水耕栽培】ラディッシュの育て方 ~土寄せは不要?~

水耕栽培でラディッシュを育てる場合、面倒な間引きや土寄せが不要なのでとっても簡単に丸く育てることができます。 また室内なら害虫も発生しないため手間もかかりませんので、ちょっと栽培してみようかな、という程度でお考えの方は水耕栽培から始めてみるのも良いかもしれませんよ。

【家庭菜園】秋の種まき失敗知らず~そら豆の育て方:越冬前~

ソラマメは、越冬前に草丈が大きくても小さくても耐寒性が劣るそうです。理想は15~20㎝ですが、その為には発芽適温15~25℃、生育適温16~20℃、11月初旬の定植が重要だそうです。今回栽培スケジュールと定植までの栽培記録をご紹介しています。

【家庭菜園】秋まき野菜~いちご栽培の特徴と育て方~

いちごは半日蔭でも育つ半陰生植物です。また、いちごの種類である一季なりと四季なりの区別をしておけば栽培に失敗する事はないようなので初心者向きとも言えます。室内やプランターでの栽培もお勧めなので初めての栽培として試しにしてみるのも良いかもしれません。