水耕栽培と土壌栽培一覧

NO IMAGE

栽培の前に知っておきたい事 ~野菜の種 性質一覧表~ 

種まきに失敗しない為には、⑴発芽適温 ⑵生育適温 ⑶光反応性 ⑷連作年限 は押さえておく必要があります。特に、時期を外した種まき、連作障害に在る土壌での栽培では種が発芽する事自体が困難となります。まずは、この4点を抑えて種まきに備えましょう。

栽培をする前に知っておきたいこと~野菜の種~

野菜の種に限りませんが、種まきをするためには、光、水、温度の条件が重要になります。また、種によっては光を不要とするものもありますので、種をまけば必ず芽が出るわけでもありません。失敗しない種まきのために、どのように行うのがよいのか一度確認しておきましょう。

家庭菜園~ベランダ栽培の落とし穴~ 強すぎる光は逆効果?光阻害とは

室内栽培から室外に出し日光を当てた所成長が良くなりましたが、一方で気になる事もあり光合成について調べました。そこで知ったのが光阻害で、強すぎる光が反って植物に害をなし光合成量が低下してしまうと言う事でした。その事を記事にまとめています。

連作障害とは?対策は?連作してもいい野菜との違いは何?

連作障害の原因は特定の作物を連続して栽培する事により引き起こされる土壌環境の悪化ですが、最も疑問に思ったのは連作しても良い野菜と、してはならない作物の決定的な違いが何かと言う事でした。原因を追求して分かった事がありましたので記事にまとめています。

初めての家庭菜園~露地栽培・プランター栽培・水耕栽培の特徴~

家庭菜園の形態について説明しています。プランター栽培のメリット・デメリット・水耕栽培のメリット・デメリットや、必要な物を予め知って、スムーズに始められる事が成功への秘訣になると思います。自分のライフスタイルに合った家庭菜園を楽しんで頂ければと思います。

家庭菜園の成長記録① 発芽状況と一部定植に 向けて

4月の下旬種まきをしたはつか大根、ミニ白菜、リーフレタス、パクチーその他苗などの成長記録です。二十日大根はそろそろ収穫期に入りますが、成功とは言えない様子…。今回も失敗になりそうですが、土壌栽培も併用していますのでその辺もご紹介しています。

種まきに失敗?!スプラウト栽培から発芽の仕組みを理解してみて。

スプラウト野菜の栽培は単調と思われるかも知れませんが、発芽を理解する事で「徒長」についての知識も理解が深まるかと思います。発芽と言う事に的を絞っていくつかの条件を変更して色々栽培しましたので、その結果を記事にまとめました。

初めての種まき 発芽の仕組みと徒長・挿し木(穂)の関係~

発芽についての定義や発芽に必要な要素を、徒長とスプラウト野菜の成長を用いながら説明しています。スプラウト野菜は敢えて徒長させているのですから驚きです。又挿し木における発根についても触れながら初心者さんにお勧めの種まきや野菜の種類をご提案しています。