【家庭菜園】秋の種まき失敗知らず ~ミズナの栽培記録~

はじめに

ミズナの栽培を水耕栽培で行いました。

手軽で栽培しやすく、収穫期も早いので家庭で栽培すればいつでも新鮮な味覚を楽しめます。

私は東側の窓辺に水耕栽培容器を置いているだけですが、とてもよく育ちましたので種まきから収穫までをご紹介いたします。

1.ミズナの特徴と性質

スポンサードリンク

1)ミズナは地方により呼び名が違う

関東ではミズナ、京都では京菜と呼ばれているのはご存知の方も多いと思いますが、葉の形からヒイラギナ(柊菜)と呼ばれたり、細い葉柄が千本(沢山)伸びることからセンスジナ(千筋菜)ということもあるそうです。

シャキシャキした歯ざわりは、サラダやお浸しとしてさっぱりといただけますし、冬には鍋に入れても煮崩れしないので食感を楽しむことができます。

クセのないお野菜なので多くの方に好まれる野菜です。

2)ミズナの性質

  • 発芽適温:20~30℃前後
  • 発芽日数:3~5日
  • 生育適温:15~25℃
  • 栽培日数:春30~40日 秋80日前後
  • 栽培期間:春3~7月  秋9~翌3月
  • 発芽 率:85%(以上)

その他の野菜の性質を検索できます

野菜の名前をカタカナでご入力ください。
名前(発芽率%)種の光反応光周性光照度発芽適温℃
発芽日数
生育適温
(℃)
栽培期間
ホウレンソウ(75%)長日半陰生15~20
5~7日
15~2030~60日
イネ短日陽 生30~35
5~7日
30~35
シソ好光性短日陰 生20~30
4~7日
20~30
80~90日
ミツバ(65)好光性陰 生20
4~7日
15~2030日
ニラ嫌光性陰 生10~14日90日
チンゲンサイ(85)長日半陰生15~35
3~4日
15~2030日程度
タカナ カラシナ長日半陰生15~20
3~5日
15~2060~90日
コマツナ(85)長日半陰生20~30
3~4日
20~25春30~4日
秋50~80日
ミズナ(85)長日半陰生20~30
3~5日
15~2525日~
シュンギク(55)好光性長日半陰生10~20
5~7日
15~2040~50日
リーフレタス好光性長日半陰生15~20
2~4日
15~2060日
レタス リーフレタス好光性長日半陰生15~20
2~4日
15~20苗50~60日
サトイモ栄養繁殖半陰生25~35
30日程度
25~304月植付~11月
ショウガ栄養生殖半陰生25~30
30~60日
20~304月植付~10月
パセリ好光性半陰生15~20
14~20日
15~2070日
ジャガイモ嫌光性半陰生栄養生殖
15~30日
15~242月まき~
6月収穫
イチゴ短日半陰生20℃前後
15~20日
15~20
エンドウ低温半陰生
ニンニク栄養繁殖半陰生25~27
植付から1か月
28~2010月植付~翌5月
ネギ嫌光性半陰生
15~30
7~10日
15~2050~60日
(芽)キャベツ好光性長日陽 生15~30
3~5日
15~20苗 90日
カブ好光性長日半陰生15~20
2~7日
15~20小・中40~60日
大60~90日
カリフラワー長日陽 生15~30
2~3日
18~2030~35日
ダイコン嫌光性長日陽 生15~35
2~4日
15~20秋60~90日
夏50~60日
ハクサイ長日陽 生20
3~5日
15~2060日
ブロッコリー🥦好光性長日陽 生25
4~6日
15~20早生種120日~
晩生種145日~
ラディッシュ嫌光性長日陽 生・15~25
2~4日
15~2530日前後
トウモロコシ中日陽 生25~30
7~10日
20~3090日
カボチャ嫌光性陽 生20~25
3~5日
20~254月まき~7月頃
キュウリ嫌光性陽 生25~30
4~7日
18~2560日程度
ゴーヤ嫌光性陽 生25~30
7~10日
20~304月まき
真夏から9月
スイカ嫌光性陽 生25~30
30日程度
25~30大玉45~50日
小玉35~40日
トウガン嫌光性陽 生35
10日程度
25~30
メロン嫌光性陽 生30~35
3~4日
25~303月まき~
45~55日
ゴボウ好光性陽 生20~25
10~14日
20~25春150日
サンチュ好光性陽 生15~20
2~4日
15~2060日~
セロリ好光性陽 生15~20
7~10日
15~20種まき150~180日
ニンジン好光性陽 生15~25
14~20日
16~20100~120日
ナス🍆嫌光性中性植物陽 生20~25
3~5日
22~30180日~
植付後2か月
トウガラシ🌶嫌光性陽 生30~35
5~7日
25~302月まき~
6~11月収穫
トマト🍅嫌光性中世植物陽 生15~27
3~6日
21~262か月程度
ピーマン嫌光性陽 生30~35
5~7日
25~303月まき5月定植
9~10月収穫
サツマイモ栄養繁殖陽 生25~35
40~45日
22~30110~150日
エダマメ陽 生25~30
4~6日
28~2870~80日
ソラマメ陽 生20
6~7日
16~2010月まき~
翌4~6月収穫
オクラ陽 生18~25
3~5日
25~3070日
タマネギ嫌光性陽 生18
7日程度
15~209月まき~翌6月

⑴種の性質

種子には発芽の為に光を必要する好光性種子と、光を必要としない嫌光性種子、関係しない中性種子があります。

この内、ミズナは光に関係しない中性種子です。

もともと発芽率が優れていますので、収穫したい量を考慮して種を撒いても良いでしょう。

⑵水菜は半陰生植物

ミズナは冷涼な気候を好む半陰生植物です。

一日中強い日差しが当たる場所で栽培するよりも、半日程度の日差しや木漏れ日などの下で効率良く成長することができますので、場所を選ばず栽培できる野菜の一つです。

私は、東南側の窓辺において半日程度の日差しの下で栽培していますが、室内栽培ながらよく育ったのではないかと思っています。

12月6日 室内栽培

上の写真は播種後60日くらいで、水耕栽培用のポット(直径3㎝)に2株あります。

使用した水耕栽培の容器は、記事後半で作り方をご紹介しています。

2.ミズナ栽培のおすすめポイント

1)お勧めは秋栽培

⑴小株採りと大株採り

参考図

水菜の収穫の目安は草丈15~30㎝の小株採りか、30㎝以上で収穫する大株採りに分かれます。

小株採りでは栽培日数は30~40日、大株採りなら80日くらいです。

⑵収穫時期

一般にミズナは春まきと秋まきの両方出来ますが、収穫時期の目安は、春播きなら夏場の気温が高くなる7月ころまでに、秋播きなら翌年の春先までが収穫目安です。

水菜は夏の暑さに弱いため、3月ころから種を撒いて熱くなる前、30~40日で収穫します。そのため株を大きくすることができず、小株採りになります。

一方、秋播きでは9月ころに種まきをし、10月頃に小株採りをしても勿論良いのですが、水菜は寒さに強いので、ここで収穫しないで栽培を続け、11月下旬をに大株採りをします。

⑶トウ立ちに注意

ミズナ

ミズナのトウ立ち。アブラナ科特有の黄色い花

ミズナの生育適温は15~25度と涼しい気候を好みます。そのため適温以上では軟弱徒長します。

他方適温以下では伸長が鈍り、より低温に接する事で花芽ができ、その後の高温でトウ立ちしやすくなります。

一般に、秋播きなら翌年の3月ころまでが収穫時期と言われていますが、関東でも年によって12月から1月に雪が降ることもあり、そんなときは急激にトウ立ちが進みます。

トウ立ちすると葉は厚く硬くなり、栄養が花に行くため味が落ちるといわれていますので栽培は終了になりますが、調理法を工夫して食することも勿論できます。

トウ立ちについての詳し記事は光周性と限界暗期 ~花芽形成とトウ立ち・老化苗~でご紹介しています。

3.ミズナの栽培スケジュール

1)畑づくり

⑴土耕栽培

種まきの2週間前までに石灰を施し、よく耕します。

全体に元肥をまいてよく耕し、幅90㎝、高さ10㎝ほどの畝を立てます。

⑵水耕栽培容器

グレーの容器は浅型、ネイビーの容器は深型として使用しています。

幼苗の内は浅型で、ある程度大きくなったら深型に移植します。

栽培ポットは 大(直径10㎝内径8㎝) 中(直径5.4㎝内径4.8㎝) 小(内径3㎝)とあります。

今回ご紹介する容器は中ポットと小ポットが兼用でできるようにしたものです。

中ポットなら6穴くらい、小ポットだけなら8穴くらい作ることができます。

8㎝用はポットでは、この蓋では3個くらいしかできませんので、8㎝専用になります。

作り方とポイント

⑴蓋の裏側から中ポットを使ってマジックでマーキングします。

⑵マーキングした中に小ポットを置き、小ポットよりも内側をカッターで切るように手で円を描きます。

ここがポイント

穴が大きすぎると中ポットは収まりますが、小ポットは穴から落ちてしまいます

逆に小さすぎると小ポットは収まりますが、中ポットは穴にはまっても、液肥が浸からなくなってしまします

⑶手で円を描いた分部をカッターで切り抜きます。

⑷適当な場所に空気穴を作ります。

どのような野菜がどのポットで栽培をするとよいのかは、5.お勧めの栽培ポットでご紹介しています。

2)種まき

種まきと収穫の時期

⑴土耕栽培の場合

畝の表面を均し、直線方向に条間20㎝で深さ1㎝のまき溝をつけます。種を条まきし、覆土をかけて軽く鎮圧します。

⑵水耕栽培の場合

トレーで管理するなら

スポンジ培地に切れ込みを入れて、十分に水を含ませてから種を2~3粒置きます。

切れ込みの両端に種を置きます

スポンジが乾燥しないように適宜、霧吹き等で水を与えながら、一晩は暗所において、翌日は明るい場所で管理します。

秋まき野菜

コストコのチョコレート容器は蓋つきで便利

育苗ポットにスポンジを予めセット

スポンジが乾燥しないように注意しましょう。

今回ミズナ栽培に使用したポットの大きさは直径3㎝でしたが、よく育ちました。

リーフレタスでは、3㎝では小さすぎて株が大きくなりませんので、この場合は少なくとも5㎝以上の物をお勧めします。

黒いスポンジがミズナ

水耕栽培の種まきの方法はこちらの記事をご参照ください。

【水耕栽培】スポンジ種まきから容器への移植まで~育苗ポットの利便性~

水耕栽培 スポンジ種まきと育苗ポットへの移植の方法

3)間引きと追肥

間引きは2回行います。

本葉が1~2枚の頃、1度目の間引きをします。

徒長したものや双葉が欠けているものなどを取り除き、葉が重ならないようにします。

本葉2~3枚の頃

本葉4~5枚の頃に最終株間が10~12㎝くらいになるようにします。

この間引きのあとに追肥を施し、株元に土寄せをします。

4)収穫

草丈20~25㎝くらいになったら間引きを兼ねて大きなものから収穫します。

栽培を継続すると大株獲りとして収穫できます。

4.病害虫被害

水菜はアブラナ科なので、害虫被害に遭いやすい植物です。

苦手な方は対策を。

  • カブラハバチ
  • コナガ:カブに限らず発生
  • アオムシ:アブラナ科全般
  • アブラムシ:植物全般
  • ヨトウムシ:トマトやナスなど多くの植物
  • キスジノミハムシ
  • うどん粉病:植物全般

5お勧めの栽培ポット

1)5㎝の中ポット

水菜、ラディッシュ、リーフレタス、小松菜や小カブなど幅広く使えて便利です。

10個入りと30個入りがありますが、栽培が楽しくなると30個でも足りなくなるくらいなので、割安な30個をはじめから購入した方がお得です。

10個入りはホワイトもありますが、水耕栽培では光の当たるところで藻が発生しますので、白容器は藻が生えて見栄えが良くありませんでした。

気になる方は黒がお勧めです。

2)3㎝ポット

低価格ながらスポンジがセットされていますし、30個入りなのでとても便利です。

ミズナ、シュンギク、三つ葉などが適しています。

リーフレタスやチンゲンサイなども栽培はできますが、株を大きく育てたい場合にはこのポットではやや小さいかと思いました。

3)10 cm 大ポット

ミニ大根の紅くるり、ソラマメ、ミニニンジンなどを栽培しています。

容器へのセットが3ポットくらいしか出来ないので、栽培を増やそうとすると場所がとられるので、それが苦でない方に向いています。

今回は以上になります。

最後まで御覧くださりありがとうございました。

マネーフォワード
ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
5のつく日 ヤフー
アマゾンバナー
ペイペイモール
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする