【家庭菜園】リーフレタスの栽培スケジュールと徒長

リーフレタスの特徴

結球せず、葉に細かい縮みがあるリーフ(サニー)レタスは、家庭菜園で手軽に楽しめる野菜の一つと言えます。

生育旺盛で栽培しやすく、半日蔭でも十分育ち、水耕栽培での人気もあります。

ただ栽培条件を間違えると徒長やトウ立ちしますので以下の事は注意が必要です。

種を播く前に知っておきたい性質

スポンサードリンク

徒長させない為に

⑴種子の光反応

リーフレタスは、発芽をする為に光を必要とする好光性種子です。

好光性種子は遮光を好みませんが、土耕栽培では、水やりの際に種が流れてしまうのを防ぐ為覆土を軽く行います。

水耕栽培では水分をよく含んだスポンジに種を播きます。ひと晩は遮光しておきますが、その後は明るい場所においておきます。

⑵発芽温度(適温)と生育温度(適温)

リーフレタスの発芽適温は15~20℃

発芽温度は気温ではなく『地温』の事を言い、種類により異なります。

急激に気温が下がる季節の変わり目や秋まきの場合収穫に影響するので、収穫時期から逆算して種まきの時期を決めるようにします。

生育適温は18~23℃です。生育温度は光合成に関係し、特に徒長するかしないかという大事な要素です。

徒長しやすい温度は15~22℃ 25℃以上と言われていますので、室内ならエアコンを利用するなどして気温の調整つをします。

徒長レタス

7月6日 リーフレタスの徒長。

収穫後に放置をした状態

3.初めての種まき 失敗の原因 徒長とは

⑶レタスの日照(光周性と限界暗期)

レタスは日向又は半日蔭で育ちますが、夜間、あまり暗い場所に置いて置くとすぐにトウ立ちして葉の収穫が出来なくなります。

日照が足りない場合には、LEDライトを使用するのも良いでしょう。

光周性と限界暗期 ~花芽形成とトウ立ち・老化苗~

レタスの栽培スケジュール

1.土づくり

用意する物 ※1㎡当たらりの量

  • 苦土石灰…100g
  • 堆肥………3kg
  • 化成肥料…50g
  • 種まきの2週間くらい前に全面に散布し、よく耕します。

初めての家庭菜園~苦土石灰って何?使った方が良いの?

栽培する前に知っておきたい事~土づくりと肥料~

2.種まき

春まきと秋まきがあります。

  蒔き時期 収穫期
春まき 3月~5月中旬 4月下~8月中准
秋播き 7月下~9月下旬 9月~~12月中旬

一般に春は虫が多いので、初めての方には秋まきの方が向いていると言われています。

ただ、水耕栽培ではほとんど虫は来ないので、栽培の手間かかかりません。

条まき又はポット撒きします。覆土は軽くします。種が流れ出ないように静かに、お水を与えます。

3.間引き・生育管理

間引きは2回します。

  • 1回目:本葉2~3枚の頃
  • 2回目:本葉5~6枚の頃、1本立とします。

追肥は灌水を兼ねて10日に1回の割合で液肥を施します。

 

 

 

ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
5のつく日 ヤフー
アマゾンバナー
ペイペイモール
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする