ミニトマトの水耕栽培 失敗例 蔓ボケの原因と症状、対処法 

※ 以前住んでいたマンションでも、東側のベランダでミニトマトを育てていました。初めての栽培でしたがよく実を付けてくれ嬉しかったものです。ナスより手がかからなったのは、トマトが乾燥に強い植物だからかもしれません。

4月になり、ホームセンターに参りました時も苗がたくさんありましたのでミニトマトを2本、なすを3本購入致しました。翌日ペットボトル容器に移植し現在10日が経過します。

イエロートマト
スイートトマト

今回購入した苗でイエロートマトは既に花が3つ咲き、つぼみが二つありますが、スイートトマトはまだつぼみもない様です。花が4月に咲くのと、5月に咲くのではどちらが良いでしょう。

花が咲いたら気をつけなければならないのはどのような事でしょうか。

1 つるボケとは

まずトマトの栽培で注意しなければならないのは、つぼみや花が付かないで茎や葉ががぐんぐん成長してしまう『蔓ぼけ』をさせない、ということです。つるボケをすると結実が悪くなるからです。

通常土壌栽培では苗の植え付けはゴールデンウィーク前後に行い、1週間位は毎日お水をあげます。十分温かい時期に花が咲けば良いのですが、まだ寒い時期に花を咲かせると、『つるボケ』してしまう可能性が高くなります。

このつるぼけは、下から1番目の花が低温期に咲いてしまうと起こりやすくなります。何故なら、低温期の開花では受粉が十分にできず結果として実を付ける事が出来なくなり、本来ならば実を大きくする為に吸収された養分が、茎や葉の方へと運ばれてしまうからです。

その為、つるボケの症状は ①先端の茎が太くなる ②葉色が濃くなる ③葉が内側に巻いている と特徴的です。

2 つるボケの対処法

この蔓ボケにならないようにするにはつぼみや花が咲いている苗を購入するか、小さい苗しか購入出来なかった場合にはつぼみや花を付けるまでポットで育てる事です。

ですが、起こしてしまったらその原因によって対処をしなければなりません。

1  低温期の開花

寒い時期には昆虫が少なく自家受粉が出来ない事もありますので、人工授粉してあげます。清潔な綿棒や筆を使用して花粉を雄しべに付けたり、指ではじいて行います。

2 水や肥料のやりすぎ 

定植後の初期に水や肥料を与えすぎると樹勢が強くなります。葉は波打って縮れて見える事もあり、結実しないか、着果しても小さく質の悪い実にしかなりません。

遅い時期では手おくれになる事もありますが、初期であれば灌水量と追肥の量を修正します。

吸収した養分は消費を促す為にこまめに摘葉してストレスを与えます。また花房にホルモン処理(トマトトーン)をして結実を促進したり、脇芽を1本伸ばして結実させ養水分の発散を試みます。

室内やハウス栽培ならしばらく夜間の温度を高くして養水分を消耗させるのも良いでしょう。

3 脇芽掻き

茎と別の付け根から沢山の脇芽が出てきますので、これをこまめに指で掻き取りそちらに養分が行かないようにします。※ 不衛生なハサミを使用するとそこから病気を誘発するので指で掻きます。

3 摘心

収穫できる花房(3~5段)の花が咲きだしたら、それより上の2~3枚の葉を残して主枝を摘み取ります。脇芽掻きや摘心は実が沢山なる為に必要な作業です。十分行って行い沢山収穫出来る様に頑張りましょう。

土壌栽培のミニトマトとの比較

葉がのびのびとし、花びらも勢いがありめしべが良く観察できます。脇芽を書い行けば問題はなさそうです。

一方水耕栽培の方は、葉の縁が縮れ気味で、先端の葉は丸くなりはじめています。花の勢いもなくこのままでは蔓ボケになりそうです。

4月29日 土壌栽培のイエロートマト 
4月29日 水耕栽培 東の窓辺
スポンサードリンク

水耕栽培の養分濃度

水耕栽培では溶液の濃度が定められているので説明書に従って作りますが、状態を見ながら時々濃度を変えてもよいかも知れません。

今回苗の段階で養分濃度を高く作ってしまいましたのでそれが敗因かも知れません。水道水で希釈して2~3日すれば様子が変わると思いますので、また撮影して比較してみます。

その後の成長記録(経過)についてはこちらをご参照下さい。

水耕栽培 失敗例 ~ つるぼけからの結実へ

ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする