同繊維性かけ布団カバーのあまり生地で布マスクを手作りしようかな 

先日銅繊維性かけ布団カバーを購入しました。

FAMOOさんの【F1F2殺菌防臭速乾同繊維性かけ布団カバー】です。

¥7980 ネット購入です

殺菌抗菌に優れまた肌触りが最高とのことでしたので、奮発しました。

実際に届いた商品を手にして思いましたのは、確かに手触りがとても良くお値段の物だけあるな、という事です。

色はベージュとのことでしたが、やや緑ががっていてとても上品な印象です。

現在私が使用している羽毛布団よりサイズが大きいので、直してから使うつもりでしまっていましたが、新型コロナ騒ぎですっかり忘れていました。

ところが先日テレビでコロナウィルスには銅が効くと言っていたのをたまたま見ていました。

新型コロナの培地に10円玉を置くと、その部分だけがウイルスの増殖は見られなかったそうで、現在、同繊維を用いたマスクの開発をしているとのことでした。

銅繊維と言えば、私が購入したかけ布団カバーも確かに抗菌作用があるとうたってたなあと思い出したのです。

その商品の説明にも、

最高素材の銅繊維とを使用してあります。 特殊銅繊維とは銅を化繊に沈積してその上、またはその内部に添加して、銅の導電性と除菌機能性を与える繊維のことでございます、銅の殺菌性により医療分野での繊維品に広くお使いされています】とありました。

だとしたら、このかけ布団カバーの生地を用いても、ただの布マスクを使用するよりは幾分新型コロナ感染予防になるのかなと思いましたので、これでマスクを作る事にしました。

一瞬、このかけ布団カバーで大量のマスクを作って、大切な方にお配りしようかとも思いましたが、こちらの製品は本当に手触りが良く、かけ布団カバーならば夜間良眠間違いなさそうなので、やはりサイズを直して端切れが出た分でマスクを作ろうと思います。

マスクを一枚作るのに生地はさほど多く必要はないので、何枚か出来そうですし

現在全国に配布されているあべのマスクもサイズ感が合わないらしく、リメイクが人気だそうなので、私も是非、リメイクを兼ねて手作りマスクをしていきたいと思います。

私もまた、あべのマスクが届くのを楽しみにしている人の一人です。

マスクがないという事を理由にマスクを着用しない人がひとりでも少なくなるようにという政府の思いであると思うと、大切に使用をしていなければいけないと思います。

手を加える事で愛着も沸くので、首を長くして到着を待っています。

また、作り片をご紹介していきますね。

ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする