1 プチリフォーム 賃貸DIYで憧れの壁掛けテレビを ~ 準備 ~

スポンサードリンク

そうだ 壁掛けテレビにしてみよう

こんにちは。物作りを趣味とするゆみです。

引っ越しをする事になり、これまでテレビ台に置いていたテレビをこの機会に憧れの壁掛けテレビに変える事にしました。

勿論予算をかける事ができないので、DIYで出来ないかと調べたところ、ラブリコというアジャスターが適しているとの事が分かり、早速購入して壁掛けテレビを作りました。

その利便性がとても気に入り後に洗面所の壁収納、玄関収納までもラブリコで行いましたのでその良さをお伝え出来ればと思っています。

ラブリコとは

壁掛けテレビを賃貸アパートでする場合、可能かどうか調べていたところ、「ラブリコ」「ディアウォール」と言うアジャスターを使うのが良い事が分かりました。

これは2×4材(ツーバイフォー)や1×4材といった規格化された木材の先端に取り付けて、木材を突っ張らせる役目をする道具(アジャスター)です。

取り付けた木材で疑似柱を作り、そこにベニヤ板をはって疑似壁を作り壁掛けテレビ用の金具を取り付けて、そこにテレビをひっかけるのです。

このようなアジャスターは同じような物が各メーカーから販売されており、作る物に沿った物を購入するのが良いでしょう。

価格はメーカーにより異なりやすければ880円位~高い物はホームセンターで1600円位でいした。私は近所のホームセンターで1個880円位の物を10個位購入しました。

完成図になりますが、必要な物や作業の行程を説明していきます。

準備する事

必要物品

①木材(2×4材 又は 1×4材)

➁アジャスター(ラブリコ ディアウォール等お好みで)

※ラブリコのアジャスターはアイアンタイプのものとプラスチックタイプの2種類があり、価格はもちろん、後の木材の計測する際にも寸法が変わりますので、購入の際にはどちらのタイプが適しているか確認して下さい。

➂ベニヤ板(壁を作る場合)

180㎝×90㎝ 2~3枚必要な分を購入します。

④壁紙(壁を作る場合) 

壁紙用のり 壁紙貼りセット

⑤テレビハンガー 

取り付け方 テレビのサイズや耐荷重等によりますので詳しくは付属の取り付け方をご参照下さい。

テレビの大きさが分からない場合 テレビを購入するなどでサイズ感が分からない時は、新聞紙を切り取って壁に張ってみると、雰囲気だけは分かりますのでお勧めです。

私は6畳で32インチのテレビを設置しましたが、40インチ位の大きさがあっても良かったと若干後悔しています。

⑥工具 

基本的な大工道具になります。絶対あった方が良い物は、電動ねじ回しドライバー購入する機会があれば、コードレス充電タイプ、ライト付お勧めです。とにかく便利です。

⑵ 計測 

※ ここで注意するのは、木材を用意する際には実際の壁や柱の高さと同じではないという事です。アジャスターの分を引いて木材を計測しますが、2×4材用と1×4材用では差し引く長さが違いますし、アジャスターもアイアンタイプとプラスチックタイプの2種類で、差し引く長さが異なります。

①柱の計測➡実際の柱の長さを計測

②柱にする木材の長さ(高さ)➡柱の高さからアジャスター分を引く

例:2×4材の木材でラブリコのプラスチックタイプを使用する場合

 =実柱-95㎜

②壁を作る場合(ベニヤ板使用)その幅×高さ

作り方は次回ご紹介します。

ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする