6.飴細工をアラザンで飾り付ける~チョコレートのお城~

スポンサードリンク

扉を取り付ける

デコレーションをするのに私が好んで使用する物に『アラザン』という砂糖菓子があります。

これはビーズの様にキラキラとしていて、その色や大きさも豊富にあり、可愛らしく削る事もエレガントに仕上げる事も出来る便利なアイテムです。

アラザン。私が子供の頃には銀色しか・・・今は本当に種類が豊富です

予め作っておいた扉を1階の正面中央にパテで固定しました。

形を整え、また楊枝で模様を刻み、トップにピンクとホワイトの大き目のアラザンをあしらい華やかさを演出してみました。

14.1.14 バレンタインまであと1ヶ月になりました

塔にアラザンをちりばめ窓を取り付ける

このアラザンをバルコニーや円錐屋根の淵にはめ込みホワイトチョコにアクセントを入れました。窓の取り付けも前回作っておいた窓を使います。

塔をアラザンで飾り、窓を付けたことで全体が明るくなりましたが、このままでは貧相なため、窓枠に装飾をすることにしたのですが、このあたりで創作が滞って行きます。

なかなかいいアイディアが浮かばなかったのです。

この小さな四角い窓は結局撤去することに

窓の周りをアラザンで囲んでみたり、アイシングでトリミングをしてみたのですが、納得のいくものが出来ず、結局窓そのものを作りなおす事にしました。

マジパンで窓を作ると不透明さが野暮ったさを増し、没に。他にアイシングで描く事もしたのですが、これも雰囲気が合わず、やはり透明感にこだわってべっ甲飴で頑張ってやり直す事に決めました。

とはいえ、なかなかいい思いが浮かばず、とりあえず、バレンタインんらしく、べっ甲飴にアイシングで文字を書いたプレートを作ってみる事にしました。

Happy Varentine   アイシングで描いているところ。

こうしてできたのが下の写真ですが、この時点で窓こそ完成していないものの、満足の行くものができそうな予感がしました。

大分完成に近づいてきました。丸い窓も作りなおすことに

ブログランキングを見る
ブログランキングに参加しております。 よろしかったらぽちっとお願いします!
家庭菜園ランキング
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする